HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

暗闇カフェ ライアー・サマーコンサート〜静けさの向こう側に耳をすませてみる夜

 

ライアーという楽器をご存じですか?
スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲で歌われていた「いつも何度でも」で演奏されていた、小さな竪琴です。

 

ライアーの音色は決して大きくありませんが、その音色は優しく、そして深い響きを持っています。その響きをじっと聞いていると、自然と静けさの向こう側に耳をすませたくなります。

 

物事の進むスピードはどんどん加速化して、どんどんデジタル化しています。でも、私たち人間は本来「アナログ」な生き物。加速化していく時代の中で私たちはともすると迷子になってしまうかもしれません。

 

キャンドルの柔らかな明かりの中で、ライアーの優しい音色に耳をすませてみませんか?「耳をすます」ことで、ざわついていた心の湖の湖面が静かになり、ふっと安らぎが生まれるかもしれません。忘れていた大切なことを思い出すことができるかもしれません。

 

オリジナル曲や、ケルト音楽、クラッシック音楽などをライアー演奏や歌でおとどけいたします。演奏をお聞きいただいた方の心の中に柔らかな明かりがともりますように・・・、そして、静けさの向こう側の何かを感じていただけますように・・・

 

●日 時:6月24日(土) 17:30オープン 20:30クローズ

     暗闇演出人によるライブ:18:30〜20:00
     お食事・お飲み物のラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,800(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗闇演出人:三野友子(ライアー)
       
●予約申込み
メール申込みフォーム ※前日の19:00まで
・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)

 


 

プロフィール

三野友子

 

福岡県出身。8年半にわたるドイツ滞在中に、長男の通っていた現地のシュタイナー幼稚園でライアーに出会い、その奏法をドイツにて学ぶ。

クラシック、ケルト音楽、オリジナル曲など幅広いレパートリーを持ち、各種イベント、サロンコンサート、

胎教コンサート、病院、老人ホーム、幼稚園などでの演奏や、朗読や語り、踊りとのコラボレーションなど、

さまざまな場所でやすらぎと癒しの空間を提供する演奏活動をおこなう。 

2016年4月、10月 中国より招待され、ライアー演奏と指導を行う。

CD「ライアーのおくりもの」など6枚制作。

 ホームページ http://www.dolphin-harmony.com/

 

ライアーについて

今から91年前に南ドイツで思想家・ルドルフ・シュタイナーの理念をもとに作られた竪琴。

竪琴そのもののルーツは古代メソポタミアや古代ギリシャの時代にさかのぼります。 

日本ではアニメ映画「千と千尋の神隠し」のテーマ曲「いつも何度でも」で木村弓さんがライアーの弾き語りをして、その清らかな音色が知られるようになりました。