HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

新企画!穴澤雄介さんのティータイムミニコンサート

親子で楽しめる、ティータイムミニコンサート

 

 

カフェスロー開店当初より、でんきを消してやさしいミツロウキャンドルの灯りで過ごす「暗闇カフェ」への出演を通じて、スローライフを一緒に提案してきてくださったヴァイオリニストの穴澤雄介さん。

 

2017年より、毎月1回、昼間のティータイムにもお越しいただけることになりました!

ご友人と、またはお一人でゆったりとコーヒーやお茶をのみながら、上質なティータイムを。また、赤ちゃんや小さいお子様に生の音楽を五感で体験していただく、お母さんへの小さなご褒美タイムとして。予約不要です。ぜひお気軽にお集まりください。
 

--------------------------------------------------------
●日 時:7月21日(金)15:00〜17:00(20分×3ステージ)

●チャージ:無料(カフェでの1オーダーをお願いします)

演奏にご満足頂けましたら、お帰りの際に、ぜひミュージシャンへの投げ銭をお願いします。


●演奏: 穴澤雄介(ヴァイオリニスト)

プロフィール:

 

千葉県出身。筑波大学附属盲学校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科を卒業。年間150本以上のライヴ演奏の他、スタジオレコーディングや講演活動も行なっ て いる。2007年5月に全国発売された「あの木に寄りかかって」を含め、これまでに14枚のCDをリリース。2009年4月よりNHKラジオ「ともに生き る」テーマ 曲に、自作曲「ようこそ楽登(がくと)王国へ」が、2012年4月よりNHKラジ オ「聞いて聞かせて」テーマ曲に、自作曲「いちご畑と青い空」が採用されてい る。その他、TBSラジオ、北日本放送、FM大阪等の番組内でもいくつかの自作曲が使用されている。自作曲以外では、ジャズ、クラシック、ラテン、 ケルト、ブルーグラス等、様々なジャンルを演奏。


また講演では、「過去は変えられる、マイナスをプラスに」といったテーマで逆 境を反転させるアイディアについて語り、学校や企業からの依頼が増えている。 テレビ東京系列の「生きるを伝える」でも紹介され、2014年6月には講演の内容をまとめた初の著書、 「見えなくなったら希望が見えた」(KADOKAWA)が出版されている。 第7回ゴールドコンサートにてグランプリ、第8回市川新人演奏会オーディショ ンに合格(自作自演による合格者は初)、第43回全国盲学生音楽コンクールヴァイオリン部門にて第2位(第1位該当者無し)。


ガットギターの望月雄史氏とのデュオ「Noche & Monte」は、第25 回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞を、第16回舞鶴赤煉瓦ジャズ祭オ ーディションにて優秀賞を受賞。ドラム&パーカッションの高木將雄氏とのデュオ「Dot & Line」は、東 京都主催の第6回ヘブンアーティストオーディションに合格。クラシックピアノ の平林三和氏とのデュオは、全日本演奏家協会主催の第1回東京サミット音楽コ ンクールデュオ部門にて審査員賞を受賞。その他、受賞多数。全日本演奏家協会 準会員。

・オフィシャルファンクラブ・ウェブサイト こちら 
・穴澤雄介さん出演のテレビ番組「生きるを伝える」 こちら
・穴澤雄介さんの著書『見えなくなったら希望が見えた』 こちら