HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

『たねと食のおいしい祭2014!』 おいしい たのしい ふむふむなるほど!



「おいしい!」を真ん中に、ふむふむなるほどなお話し会など、”つづくたね<自家採種・在来種>”が主役のお祭りを、今年も開催します。
「なんで今、種?」 「在来種の種ってなあに?」というあなたから、「自家採種のコツは?」 「種のことをもっと知りたい。種を守りたい!」という方々まで、おいしく楽しい時間と空間を、共有しませんか。
昨年も大好評頂いたこのお祭り。今年は、ふむふむなるほどなワークショップの数も増えました!
どうぞおたのしみに!


当日に先駆けて、今回のお祭りの中心的種採り農家さんのお一人、茨城のポコ・ア・ポコ農園にフューチャーした紹介映像「つづく種の人」、予告編が完成!
「たねをとるっていうことは、いのちをつなげるということだから、いのちとの触れ合い、土との触れ合いっていうことだから、あんまり意識していないけれど、根源的な大事なことなのかなぁって」
和知さんの言葉、お人柄。是非ご覧ください!(1/28NEW!



▼2014年2月16日(日)
【第1部/12:00〜16:00】

<入退場自由!どなたでもお気軽に遊びにいらして下さい!>

種にちなんだマルシェのほか、カフェスローほか種を大事に考えるあんなお店!こんなお店!の飲食ブースが大集合。「おいしい!」を真ん中に是非お楽しみ下さい。また、楽しみながら種のことを学べるワークショップや、自由に聞けるトークライブも開催!ご家族でもたのしんでくださいね。
○ワクワクのワークショップ詳細こちら

【第2部/18:00〜20:00(開場17:30)
<4,500円 事前申込制>

“たねの祝”と冠した食事会です。”つづくたね”には、味、土地への適応力、安心、そして受け継ぐ人々の豊かなストーリーがつまっています。そんな種から生まれる食材を使った、この日限定のカフェスロー特製メニューをお楽しみに!
この日第一部に登壇してくれた種を守る案内人たちも、一緒にテーブルを囲みます。


▼気になる内容!
【第1部】


○飲食ブース 
おたカフェ:国分寺湧き水の名店!地元のつながりをメニューに!
・クルミドコーヒー:ほっと温まる水出しコーヒー!
マサラワーラー:本格派・南インドプレートを販売!
Samosa Wala Timoke:話題のおいしいベジサモサ!
湘南ぴゅあ:短角和牛100%ハンバーガー!
寺田本家:元祖自然酒!
ふろむ・あーす & カフェ・オハナ:世田谷のソーシャル情報発信地!
・デイライトキッチン:都内のオアシス!オーガニックレストラン!
・ピースデリ:自然派ラーメン!
・カフェスロー:つづくたねをコツコツ紡ぐ。

(順不同)
★お願い:ゴミを減らすため、マイ食器をなるべくご持参ください。
★当初予定されていた「キッチンスタジオペイズリー」は代表の香取薫さんが
怪我で入院されることになり、やむを得ず出店中止となりました。代わって、
南インド料理ユニット「マサラワーラー」の出店が決定しました(2/9)


○マルシェ
ゲストの方々の紹介ブース、お野菜、種、パンなどなどもりだくさん!

・ナチュラルシードネットワーク(石井吉彦さん)
・warmerwarmer 旅する八百屋(高橋一也さん)
・新庄水田トラスト(高橋保廣さん)
・今日はいい天気だファーム(松島裕太さん)
・田村和大
・トージバ
・光郷城 畑懐(こうごうせい はふう)
・修験deパン
・馬場修一郎農園
・こどもパン
・アトリエwasanbon
・藤野わたわたの会
(順不同)


★お願い:お買い物にはマイバッグをなるべくご持参ください。

○種のワークショップ・トーク
種と共に生きる人々のお話や、種の@取り方を学ぶなどなど!
*詳細決定!こちらから<2/7>

 
<講師>
・poco a poco農園 和知健一さん則子さん
・盒彊賁蕕気(warmer warmer)
・加藤大吾さん(都留環境フォーラム)
・田村和大さん(自然栽培コズミック・エネジ−)
・松島裕太さん(今日はいい天気だファーム)
・高橋保廣さん(新庄水田トラスト)
・樋口ふみさん(アトリエwasanbon)
(順不同)

○特別企画!
諸国漫遊味噌仕込体験! 13:30〜15:30

来場者の皆さんと、全国の地大豆をたくさん混ぜこんだ世界に一つだけのお味噌作りにチャレンジ!
ただいま大豆も募集中!
・参加費:300円
・協 力:大豆レボリューション&諸国のご縁のある農家さんたち
*詳細はこちらから!(1/30)



【第2部 お食事会】

つづくたねのみのりの、スペシャルディナー! 一緒にたのしく、おいしいものを囲もう! この日第一部に登壇してくれた種を守る案内人たちや、マルシェ出店者も一緒にテーブルを囲みます!

・石井吉彦さん 襯淵船絅薀襯掘璽疋優奪肇錙璽 こちら  blog
・神澤則生さん NPO法人「トージバ」 こちら
・高橋一也さん 「warmerwarmer 旅する八百屋」 こちら
・高橋保廣さん 「ネットワーク農縁」山形新庄「さわのはな」生産者 こちら
・松島裕太さん 北海道「おたまファーム」黒千石生産者
・田村和大さん 自然栽培コズミック・エナジー

・和知健一さんご夫妻 ポコ・ア・ポコ農園
・加藤大吾さん 都留環境フォーラム
・樋口ふみさん アトリエwasanbon
・寺田優さん  寺田本家
・中村訓さん  光郷城 畑懐
・北條善久さんご夫妻 修験deパン
・末村成生さん 藤野わたわたの会
・マサラワーラーのおふたり
(順不同)


▼参加費
【第一部】入場無料※
各ワークショップは別途要申込・有料のものもございます。ご確認下さい。
【第二部】¥4,500(含まれるもの:つづくたねディナー・1ドリンク)

▼問合せ
週末農風まで: shumatsu.nofu@gmail.com

▼第二部予約先
メール予約フォーム
※昨年同様、お電話でのお申込みは承っておりませんのでご注意ください。
※定員になりしだい締切となります。
※お支払方法については、ご予約受付の返信とともにご連絡します。


昨年の様子
『たねと食のおいしい祭』2013/2/17(日)アルバムレポート
・マルシェ&飲食ブースの様子 *
・「たねの祝」*
・「たねの祝」パーティメニュー紹介*


▼企画背景
「たねと食のおいしい祭」は、これまで食と農ムーブメントを先駆的に手がけてきた「トージバ」「土と平和の祭典」「東京朝市アースデイマーケット」「週末農風」「フードハートパーティー」などのメンバーによるチームで企画され、2013年2月17日に第一回を開催しました。

「たね」とそれを守る人々の魅力、伝統文化、そして「多様であること」そのものが持つ掛けがえのない価値に光を当てることで、「食と種の寡占化・画一化」に代替する「多様な種を守る文化」を草の根から育ててゆくことをテーマに据え、当初300名の来場者数目標に対し400名以上の来場を実現。第二回の開催を望む声を数多く頂きました。

「たね」とはすなわち<在来種・固定種・種採り野菜>といった言葉で呼ばれる、人の手と想いを渡って守り継がれてきた野菜や穀物、その種子を指しています。

一方で「たね」と相反するキーワードとして<グローバリゼーション・F1種・遺伝子組み換え作物>などがしばしば挙げられます。いずれも大量生産・大量消費と大規模流通を前提とし、効率性を最重視し、地域社会の伝統的な食と農の文化を衰退させるとされます。しかし、それらへの批判や否定は当イベントの主眼ではありません。

私たちが「たね」を大切にする理由に、まずは「おいしい!」ということがあります。味が濃くて、野菜を育てた風土の感触を感じることができます。そして「たね」がつないでくれる人と人のつながり。種を守り継ぐ農家さん、それを選び手に取り、調理し食べる人々と出会うことは「たのしい!」

そう、種=作物=食べるもの、だから、その先には常に人がいます。「おいしい!」「たのしい!」の感動とワクワクこそが、「たね」と世界の多様性を守る力になると私たちは考えました。

会場には東京・国分寺のコミュニティカフェ「カフェスロー」を終日貸切り、全敷地を使用。カフェという開かれた空間で、入場無料・入退場自由という形式で開催し、会場内に多様な飲食や野菜販売等のブース出店を設けることで、だれにでも楽しめるお祭り空間をつくります。「たねと食」をテーマに据えつつ、食の問題に関心の高い層だけではなく、地域住民やカフェ顧客層をはじめ、より幅広い層への訴求をはかります。

また第二回となる今回は、2013年の開催形式を継承しつつ、参加者・ゲスト・スタッフにとってより豊かな出会いと学びの場となることを目指し、会場内各所で開催されるワークショップやトークイベントをボリュームアップします。事前予約なしでも参加できる機会も増やします。

イベント全体としての敷居の低さを保ちながらも、それぞれの「もっと知りたい!」に、より柔軟に懐深く応えられる場を目指します。また出店者数を増やし、より多様に「たね」の魅力をおいしく・楽しく感じて頂けることを目指します。

そして2013年と同様に、それ自体が単独のイベントとして終わるのではなく、運営メンバーがそれぞれ主催している「アースデイ東京」「土と平和の祭典」「東京朝市アースデイマーケット」「週末農風ツアー」「大豆レボリューション」といった影響力を持つコンテンツとの連続性を重視、ミッションを共有していきます。

ぜひご一緒に、「たね」の恵みの豊かさを楽しみましょう!
そして「たね」の先にある人の想いとつながり、ほんとうに大切なことを分かちあいましょう。

▼主催

たねと食のおいしい祭実行委員会
(カフェスロー NPO法人トージバ 東京朝市アースデイマーケット 週末農風 ピースデリ