HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

『 彩とりどり、冬の会 』

 

寒くなってきました。

そんな寒さをほっこりあたためてくれる、ウール・カシミヤ、木綿などのストール・マフラー。

また、手織り布のバッグや小物を展示、販売いたします。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

■会期期間:

2018.11.30(金)−12.5(水) 11:00−18:00 月曜定休

*12月3日(月)は定休日となります

*12月1日(土)はイベント開催のためカフェ営業は15時(LO14時半)までとなりますが、ギャラリーは18時までお入りいただけます

 

【ワークショップ】

■手縫いのつけ襟 (所沢もんぺ屋)  

・12月2日(日) 13時〜16時

・"講習費3,000円(材料費別) 要予約"

 

■ちくちく針山  

・12月1日(土)/4日(火) 13時半〜 (1時間程度)

・講習費2000円(材料費込)  各日5名

 

■オーガニックコットンのハンカチ織り 

・講習費2000円(材料費込)  

・会期中随時(1時間程度)

・ご予約優先

詳細・ご予約はFacebookをご覧ください

https://www.facebook.com/orikouboumai/

 

 


『 阿川まさ美 × 丸山可菜子 陶展 』

 

 

2人が作りだすそれぞれのかたち。

何をしよう。

何をつくろう。

何を入れよう。

そんなわくわくといっしょに家に帰ってもらえたら。

見て 触れて あなたの好きを見つけに来てください。

 

 

■展示期間:2018年11月23日(金)〜28日(水)

      11:00〜18:00、月曜定休


■プロフィール

阿川まさ美 

2014年 工房561をオープン

日野市にて作陶

HP https://koubou561.amebaownd.com/

mail  koubou561@gmail.com

 

丸山可菜子 

日野市にて作陶

mail  maru.kanako@gmail.com

 


『 曼荼羅アート展2018 むすびとひらき 』

 

-----

 

たとえば、花、野菜の断面、樹の幹の模様、岩のしみ、波紋、

マンホールの蓋、タイヤのホイール、時計など

曼荼羅は決して遠い世界のものなのではなく、

私たちのごく身近なところにあります。

曼荼羅は一つの円に広がる完成された世界です。

じっと見ていると、広がっているようにも集まっているようにも感じられます。

それは潮の満ち引きのようでもあり、月の満ち欠けのようでもあります。

むすぶこととひらくこと

それはこの大自然であり、私たち一人ひとりの中にもある世界です。

 

曼荼羅を見て何か体験していただけたら幸いです。

 

高畠 藍 Ai Takabatake(ウェブサイトより)

 

-----

 

高畠さんの東京での初の個展。是非お楽しみください。

 

◾️会期期間

11/16(金)〜21(水)  11:00〜18:00 /初日のみ21時まで

*19月曜定休日 

*カフェは平日17時/土曜15時まで営業

*初日の16日(金)19時からは開催を記念して なかええみさんの舞と歌によるオープニングセレモニーと、ビュッフェディナーによるパーティーを開催予定しています。詳細は別途告知致します。

 

*ギャラリー開催時間と、カフェ営業時間が曜日によって違います。

特に17日(土)は夜イベントのためカフェは15時までとなっておりますのでご注意ください。

(ギャラリーは18時までご利用頂けます。)

 

*カフェでは、旬のお野菜を使ったお食事やお飲物、デザートをご用意しております。

ぜひ合わせてご利用ください。

 

■作家プロフィール

画家   高畠藍(たかばたけ あい)
愛知県江南市出身、
1975年4月19日生まれ
東京、石垣島を経て
2018年11月に千葉県鴨川へ移住。
  
5年ほど前から曼荼羅を描き始める。
現在はベーシックな曼荼羅だけでなく、
自然や宇宙と曼荼羅を合わせたオリジナルの世界を描いている。

また、個人サロンのロゴ製作や(現在は受付けておりません)、
オリジナルTシャツやバッグの製作、
ウォールアートなど、幅広く活動中。
初心者や子ども向けの曼荼羅ワークショップも都内や地方各地で開催。

2017年4月に自身初の個展
「むすびとひらきの世界」を石垣島ホテルエメラルドアイルで開催
2018年5月岐阜県揖斐郡池田町ギャラリーUniverseにて
「ひかりのわ」開催

 

 


『 第三回保谷さんちの文化祭 〜写真や絵本や雑貨やいろいろ、家族で作る展覧会〜 』

 

修吾、隆子、大悟、あずさ、さゆり、うさぎのチェリーとピーターの家族で作る展覧会の第三回目です。
今年も、それぞれに「すきなことで、出会う、繋がる、広がる」をコンセプトに取り組んだ作品を、展示致します。
読み聞かせスペースもご用意致しますので、是非お子様とご一緒にお越しください。

 

 

■展示
*写真〜いろいろな景色を見に行こう 台湾編
*フォトブック〜いろいろな景色を見に行こう 国内編
*絵本「みんなであそぼー」
娘が2〜4才頃に描いた絵で、絵本を作ってみました。どんな絵本か、見に来てくださいね。
*その他、いろいろあります!

 

■会期期間

2018年11月9日(金)〜14日(水)11:00〜18:00

*12日(月)定休

 

■お知らせ
*10日(土)11:30〜14:30
ワークショップ「かんたん和綴じの絵本作り」を随時開催致します。(予約不要、参加費無料)
お子様とご一緒に、お気軽にご参加下さい。

 

*初心者向けカメラ基礎知識テキストを展示します。
ご希望の方にはテキスト内容をレクチャーしますので、随時お声かけ下さい。

 

*在廊予定など、詳細はお問い合わせください。
Mail : hoyausagisha@gmail.com

 


『 生物多様性を見る〜南米エクアドル・ガラパゴス諸島とインタグの森 』

ガラパゴス諸島©JAGA

 

固有の生物が多数生息し、「進化の実験室」と言われる、エクアドルの諸島ガラパゴス。

熱帯雲霧林という世界有数の生物多様性を誇る、エクアドル内陸のインタグ地方。

 

インタグの森

 

多様性に満ちた命の宝庫とも言える、大自然の息づかい。

どうぞたっぷりとお楽しみください。

 

グンカンチョウ・ガラパゴス諸島©JAGA

 

*Ama la vida Festa 2018〜エクアドルとつながり、豊かな人生を生きよう!〜関連イベントこちら

 

ウミイグアナ・ガラパゴス諸島©JAGA

 

Galapagos, the archipelago of Ecuador, inhabited by many inherent organisms and is said to be "evolutionary laboratory".
 

The Cloud Forest of Intag region located at the foot of the Ecuadorian Andes holds one of the most precious biodiversity in the world

 

A repository of all forms of life, full of diversity.
 

This year is the 100th anniversary of diplomatic relations between Ecuador and Japan. A collaborative project by a multi-group related to Ecuador has been realized to celebrate.

 

Please enjoy!

 

■会期期間

2018年10月12日(金)〜17日(水)11:00〜18:00 

*15月曜定休

 

〔ギャラリー内トーク〕

・10/13土曜

13:00〜セブンジェネレーションズ
15:00〜エクアドル花火報告会
16:00〜「ガラパゴスに学ぶ 生物多様性とその守り方」

・10/14日曜

14:00〜「私が出会ったエクアドルの森と人々」

■予約申込み
申込みフォーム ※前日19:00まで
・電話042-401-8505

 

■展示協力

・NPO法人日本ガラパゴスの会

 こちら

・NPO法人アジア太平洋資料センター

 こちら

 

■主 催:Ama la vida Festa2018実行委員

■共 催:NPO法人セブン・ジェネレーションズ、カフェスロー

 

 


| 1/13PAGES | >>