HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

『 kachua spring & summer exhibition 2019 ‘蒼’ 2019.5.3 - 6 』

 

Kachuaはインドの職人と共に、長い間受け継がれた伝統技術に感謝し、愛を持って次世代につづく新しいものを創造してくことをコンセプトに仕事をしています。

「ダブプリント」と呼ばれる、泥を使ったインド更紗の防染技法をメインに用い、インディゴ(青)とカシース(ブラウン)の染料を基調にしたオリジナルの布地を制作し洋服や小物等を作っています。

 

今年は‘蒼’をテーマにした商品をお届けします。

 

www.kachua.net
info@kachua.net

 

■会期期間

2019年5月3日(金)〜6日(月・祝)11:00〜18:00

 

■kachua/カチュア

2003年に初めてインドを訪れの村で農業を軸として、大地に根ざしてシンプルな生活を送る人々や、たくさんの手工芸品を作る職人さんの姿に感銘を受け、以来渡印を重ねる。2009年よりオリジナル商品を作るために半年間インドのパレイという村に滞在し、地域に住む職人と共に制作を始める。「kachua」始動。当初はカバンなどの小物からスタート。
現在は布を仕入れ、オリジナルの生地のデザイン、インドの工房での生地制作、縫製はインドの縫製会社にて行い、日本に輸入して、検品、納品、展示会にて販売しています。それらの全行程を主に一人でコーディネートしています。

 

具体的には木のハンコを使って一押し一押しプリントしていくインド更紗という伝統的なプリント技法でオリジナルの布地を作っています。その中でも「ダブプリント」と呼ばれる、泥を使った防染技法をメインにインディゴ(藍)とカシース(ブラウン)の色を基調に布地を制作しています。お洋服の生地には東インドのコルカタで生産されたカディと呼ばれる手紡ぎ手織りのコットン生地も用いています。カディは糸を紡ぐ際に空気を含むため着る程に柔らかくなり、夏は乾きやすく涼しいとても心地よい素材です。身に着ける人が自然体で心地よくいられる…そんな商品を作りたいと思っています。

 

 


『 -Lailha- タビハコレカラ 』

 

Lailhaはsrilankaにある小さな自社工房から生まれるコレクション。


くったりしたリネンやドレーブが美しいオーガニックコットンのお洋服は日々のゆらぎやすい大人の女性の心を柔らかく包み込んでくれます。

仕立てるのは愛情深い女性たち。分業ではなく1人で1着を仕上げます。

 

AYURCOLORシリーズはアーユルベーダに使われる木の実や樹皮をつかって手染された天然の色。深く贅沢な1枚です。

 

■会期期間

2019年3月22日金曜〜27日水曜11:00〜18:00

*25日月曜は定休日となります。
 

■お問合せ 

PUNCHI LAMAI

070-5344-8553 奈良市登美ヶ丘3-2-11

store.punchilamai@gmail.com

藤原/ 久保まで

 

 

 


わくわくアート・ラボ作品展

 

2018年4月から明星幼稚園で始まりました、臨床美術による課外活動『わくわくアート・ラボ』ではステキな作品にたくさん出会えました。子どもたちの作品からわくわくが伝わればうれしいです。

 

■会期期間

2019年4月12日金曜日〜4月17日水曜日11:00〜17:00

 

■主催

『わくわくアート・ラボ』

 


『 藤井智佳子・吉田和枝 二人展 』

 

 

■会期期間:4月19日金曜日〜24日水曜日11:00〜18:00

 

*「電気代0円 ソーラー女子*フジイチカコのミニトーク」

4月20日土曜14:00〜15:00

入場無料・スローギャラリー内

 

 


”めぐる”ー糸と布、まとうを中心とした土から土へとかえる展示会ー

 

自然の恵みを伝えていく布や糸を中心とした展示

 

https://meguru-mgr.jimdofree.com/

https://www.facebook.com/events/514884365702687/

 

ご質問・お問い合わせは、meguru2019@gmail.com まで。

 

■会期期間

2019年3月29日(金)〜4月3日(水)11:00〜18:00
*4月1日(月)は休み

 

〔ワークショップスケジュール〕
■3月30日(土) 15時~17時30分

音・色・布で遊んで纏う〜草木顔料を使ってみんなでsessionして一枚の纏うものをつくりだします。
そのあとその布をまとい、みんなで音を出して遊びます。

・料金 大人 3000円/小学生以下 1000円(みんなで生み出した布を切り分け分かち合います。手ぬぐいサイズ)

・イオンカ演奏:dD望月優(でぃでぃ)

・お申込み(要予約):meguru2019@gmail.com

 

3月31日(日) 9時45分〜14時
国分寺の湧き水で発酵染め
〜それぞれが染めたい植物を持ち寄って合わせて、春の酵素をからだに取り入れよう

・料金 大人 2800円/小学生以下 1000円

・染める材料を購入できます
‐オーガニックコットンふんどしパンツ 2500円

‐シルク靴下 1000円

 

・持ち物:2リットルペットボトル/すり鉢&すりこぎ(お持ちになれる方のみで大丈夫です)/繋がりたい植物(新鮮なもの)

・協力:スローツアー

・お申込み(要予約):meguru2019@gmail.com

 

■はた織り体験ワークショップ

・日時:会期中itonamiが在廊時

・参加費:10センチ×100円 (10センチの場合1000えん)

・幅:20センチ

タテ糸:オーガニックコットン(世界機関エコサート認定)

ヨコ糸:オーガニックコットン各種

 

その場でお持ち帰り可能です。

 

■いとつむぎ体験ワークショップ

・日時:NUTS.h.wが在廊時
スピンドル(コマのような道具)で綿と羊毛で糸つむぎ体験できます
羊毛は、NUTS.h.wが育てている羊の毛です。

 

◆田中成さんの公開制作
4月2日(火)3日(水)と海や山で拾った石、枝、葉っぱ なども使って公開制作をしています。どなたでもご参加いただけます。一緒に楽しみましょう。

 

 

■参加作家(いいだしっぺ)
Planet Colours negi (山口由宇香)

東京都杉並区育ち

武蔵野美術大学建築学科出身

東京に暮らしながら、「北の国から」や自然へ憧れる子供時代。井の頭公園の池で仲間と泳いだり自転車で沖縄へ旅にでたりして青春時代を過ごす。福生駅近く多摩川沿いで2年間、ロフト付き‘’小屋‘’を建て、暮らしてみる。

東北大震災をきっかけに自然に寄り添う暮らしをしてみよう!と和歌山県に車中泊をしながらたどり着き、そのまま今に至る。

そこで、山の水・植物・火のある暮らしに、いのちまるごと洗われる。それを伝えるには?と草木染め衣作家になる。

ラインが美しく、ゆったりいのちが素になる衣つくり、を目指している。

築120年近くの古民家の井戸水と薪、足踏みミシンで制作。

隣の建物は共に力を合わせて暮らしやArtを生み出す宿にもなっている。

踊る・波と遊ぶのが大好き


itonami(岩瀬希望)

生まれも育ちも琵琶湖の郷、滋賀県。

2008年、富士山の麓にある環境教育団体、ホールアース自然学校に流れ着く。

約4年半富士山麓に家畜動物と共に過ごす中で昔ながらの知恵や生き方暮らし方に興味を持ち、植物から繊維を取り出し、その繊維で糸を績み、織る。「からむし織(苧麻織)」を身につけるため2013年退職し、福島県昭和村へ。

 

昭和村での1年の修行を終え「無から有を作り出す」植物から布になるという自然とともに暮らすを取り入れる生活を求め、2015年拠点を栃木県東部へと移し、日本古来の麻…大麻の繊維をも取扱いはじめる。

 

フリーランスで自然体験のインタープリターと糸績み・機織り業の2足のわらじで生活を営んでいる。

itonami facebookページ:こちら

 

 


| 1/16PAGES | >>