HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

草木染のうさと 冬の展示即売会

 

忘れつつある手仕事
手紡ぎ
手撚り
手染め
手織り
草木の息吹、自然に自然に
うさとは自然のやさしさをいつもおとどけしています

■展示期間:2019年2月22日(金)〜24日(日) 11:00〜18:00

 

うさぶろう さとう
日 本で企業デザイナーを経験した後、欧米でオートクチュール、ウェディングドレスなどの創作活動を行う。1994年から命のエネルギーを感じる本物の素材を 求めて世界を旅し、1996年タイ・チェンマイに行き着く。タイの少数民族の伝統的な手織り、草木染めの布等、素材を活かしたデザインの服を創作し続けて いる。
2004年から『Celebration of Oneness』と題した平和の祈りのイベントを うさとの縁で結ばれた人たちと一緒に全国各地で開催している。
北海道南富良野出身。現在タイ・チェンマイ在住。

■主 催:ストゥーディオ・オムファロス 090-4548-5905(石川)


『 ハルノトビラ 』

手染めのコサージュ・ラフィアのブローチ、木の実のランプ・ドライフラワーのアレンジ。
天然のものにこだわった作家4人のグループ展です。

一足早い春の到来。

お気に入りを探しに是非お出かけください。

 

■会期期間

2019年3月1日(金)〜6(水)11:00〜18:00

*4(月)はカフェ定休日のため休廊となります。

 

■作家紹介

 

[Rosamala]
コサージュは、一つ一つ布を手染めし、コテを当てて手作りしています。革など様々な自然素材を用いて制作しています。

その他、スリランカの布で作るバッグや、体に優しい綿や麻のお洋服なども制作。
スリランカ人の夫が作る本場のスリランカカレーを定期的にイベントやレストランなどで提供。
自宅では、カレー教室やその他様々なイベントを主催。

https://rosamala.exblog.jp/

 

[RecaLeka]
上質な佐原ラフィア(椰子の葉の繊維)を均等に裂き、編んだり刺繍したり、異素材と組み合わせるなどして一点物アクセサリーを制作しております。
個展、イベント出店、委託販売などで活動中。

https://www.instagram.com/recaleka

 

[金井一郎]
植物や木の実、貝殻を使ってランプを作っています。
ひとつひとつの木の実が織りなす、それぞれに違った影が、お部屋にあたたかみを演出します。
その他、木の実のブローチやチョーカーなども製作・販売。

 

[Marca]
自然の香り溢れるドライフラワーと古道具のお店です。
店内にて一年を通し、季節の色合いとイベントに合わせた、ドライフラワーのアレンジメント教室を開催。
ドライフラワー独特の自然の香りと共に、経年変化も楽しめるドライフラワーのアレンジメントを製作。

http://www.driedflowermarca.com/

 

 

 


『 愛しの漆 ー 木のめぐみのギフト展 』

 


 
全てのはじまりはウルシの木から。
 
摩訶不思議な樹木のいのちの滴を一滴一滴。
 
塗り重ねることで、美しく、丈夫に。
 
まるで、モノにいのちが宿るように。
 
自然の力を暮らしに活かす太古からの知恵
 
少し特別な日には、漆のもの。
 
大切な人に贈ってほしい 私たちの「愛しの漆」を集めました。
 
 
・・・・・
 
この冬はご縁頂き、漆とその文化をつむぐ素晴らしい方々をお迎えすることができました。
漆器は、その手元に来るまで木の成長から考えると100年、そしてなおしながら100年使えると言われるそう。
漆の文化は私たちの風土ならではの伝統文化(なんと縄文時代から使われていたそう!)。
知れば知るほどにその美しさ、奥深さに圧倒されます。
 
4日間の短期間にはなりますが、より知って頂きたく、触れる、食べる、知る、作るの4つの方法でお送りします。
是非この機会が、皆様の漆との新たな出会いの機会になれば嬉しいです!
 

 

●触れる●
カフェ店内にあるスローギャラリーでの3人展。漆器はもちろん、漆塗りのカトラリー、アクセサリ、小物の展示販売をします。

・展示期間:2019年2月8日(金)〜11日(月・祝)11:00〜18:00

 

「漆とロック」

「山と、人と、食卓を繋ぐ」をテーマに、会津ブランド「めぐる」を中心に国産漆を使った漆器の企画・販売を行っています。

 

「uruchiku」

「漆の地区世知」をテーマに、アクセサリーや小物を作っています。広島市立大学漆造形終了後、広島を中心に活動しています。

 

「ほくるし堂」

会津若松で、とうほく×ほくほく×ほくおうをテーマに、使ってたのしい、ほっこりできる漆器づくりを心掛けています。

 

 

●食べる●

期間中カフェでは漆器で食べられるメニューをご用意します!

 

「漆の器で食べる立春膳 1,200」

豆腐料理を始め、ふきのとうなど春の始まりを感じさせる苦味のある季節の食材などを使用した山菜、混ぜごはん、お汁のお膳。

漆器の温もり、美しさとともにめぐる季節をお届けします。

 

「漆の器で食べるカカオぜんざい 600」

2月はヴァレンタインデー♡漆器とチョコレートのコラボを、ぜんざいとチョコレートの和テイストでお届けします。

 

 

●知る●

『 陰影礼賛/いんえいらいさん 』ー漆器と暗闇 読書と食事の夕べ

谷崎潤一郎の「陰影礼賛」をテーマに、胡桃堂喫茶店・今田さんと漆とロック・貝沼さんの対談、職人による実演など盛りだくさんの内容をご用意しています。

ウルシの蝋燭が織りなす闇と光の中で、漆を通して、自分の五感と出会いなおす時間をお届けします

 

・日 時:2月9日(土)17:30開場18:30スタート(〜20:30ごろ終演予定)

・参加費:3,500/漆器で頂く一汁一菜と1ドリンクを含みます

・ご予約:カフェスロー042-401-8505

・定 員:30名

 

 

●作る●

「組み合わせアクセサリー」

漆塗りのパーツを組み合わせてピアス・イヤリングを作ります。

・日 時:ギャラリー期間中常時 所要時間30分程度

・ご予約:不要 

 

「マーブリング飾り留め具」

木製のブローチ・ネクタイピンのどちらかを選んで頂き、色漆でマーブル模様を付けます。

完成品は持ち帰って頂き、乾かします。

・日 時:2月9日(土)15:30‐17:30

・定 員:6名

・参加費:各3,000円*漆を使用するため中学生以上からお願いします。

・ご予約:メールフォーム カフェスロー042-401-8505

*本漆を使用するため体質によってかぶれる可能性があります。手袋などは用意しますが、ご了承の上ご予約ください。

 

「お箸に箔押し」

摺漆を施した木製のお箸に純金・純銀箔を貼り付けます。

・日 時:2月10日(日)15:00‐17:00

・定 員:6名

・参加費:各3,000円*漆を使用するため中学生以上からお願いします。

・ご予約:カフェスロー042-401-8505

*本漆を使用するため体質によってかぶれる可能性があります。手袋などは用意しますが、ご了承の上ご予約ください。

 

 


『 風を感じるとき〜when you feel the wind 』SATOSHI SHIMIZU 写真展

 

作家がこれまでに出会った自然や、10年間滞在した欧州の風景を中心にお届けします。

 

日常をつかの間離れる時間。

 

是非ゆっくりとした時間をお過ごし頂けましたら幸いです。


■展示期間:2019年2月15日(金)〜20日(水)

      11:00〜18:00、月曜定休

■展示内容に関するお問合せ:

satshmz_305078(@)yahoo.co.jp

 


写真展『 在日一世と家族の肖像 』

あなたの隣で共に生きている、「在日一世と家族の肖像」写真展です。

一世から代を継ぎ、今や五世の子どもたちが生まれ育っている在日コリアン。
自分たちのルーツを大事にしながら、日本社会に根を張り共生してきたその姿は、日本がめざすべき多文化共生社会実現のための貴重な学びになるのではないでしょうか。

\ギャラリートーク:2月2日(土)14時-15時/

2月2日土曜日14時からはハルモニ(おばあちゃん)羅順任(ラ・スニン)さんのトークもありますので、ぜひお越しください。
観覧料&トーク参加費共に無料です。

(登壇者は変更になる可能性がございます。ご了承ください。)

 

■会期期間

2019年2月1日(金)〜6日(水)


■主催:チマ・チョゴリ友の会

■共催:夜スク☆

 

■プロフィール

・チマ・チョゴリ友の会

1998年設立。在日韓国・朝鮮の人々、とりわけ朝鮮学校に通う子どもたちとの交流を通じて、人権の尊重される地域社会づくりを行う。

 

・夜スク☆

「学び直し」と「学び合い」。専門家や地域の人々、 様々なバックグランドを持つ人々と、共に学び合う「大人の学び場」を作ります。社会に出た今だからこそ見出せる、 新しくて上質な学びの時間。藁と土の開放的な空間でお茶を傍らに。是非ご一緒できればうれしいです。

*夜スク☆はカフェスローとNPO法人国立人文研究所こちらの共催事業です。

*夜スク☆ブログこちら

 


| 1/15PAGES | >>